株式会社 豊栄建設

ハイブリットソーラーハウス
会社情報 案内図 お問い合わせ
 
豊栄建設ホーム セルコホーム豊川 リフォームECO豊川店 (株)豊栄 ハイブリットソーラーハウス 総合建設

 

ハイブリットソーラーハウスとは?
ハイブリットソーラーハウスをご紹介します。




ハイブリットソーラーハウスは太陽のエネルギーを床に蓄熱して24時間の床暖房と給湯をする住宅システムです。安定した温度・湿度によって、カビやダニのない健康な住まいを実現。持続可能な、人にも環境にも優しい住生活基盤をつくります。



ハイブリットソーラーハウス

ハイブリット
ソーラーハウス事例集
M様邸(蒲郡市)
O様邸豊川市
K様邸浜北市
T様邸豊田市
O様邸新城市
ハイブリット
ソーラーハウスとは?
お客様の声



太陽熱コレクターによって熱媒体(不凍液)を暖め、床下のコンクリートに埋設された給湯パイプに循環させます。昼間は室温も高く、蓄熱が中心となります。日が沈むとシステムは停止し、気温の低下に伴い自然放熱(遠赤外線)が増加し、家全体を暖めます。天候が悪く蓄熱温度が不足するときは補助熱源装置が自動的に作動し、室温を一定に保ちます。しっかり蓄熱した後や暖房の要らない季節は貯湯タンク(370g)の水を温め、お風呂や台所への給湯に利用します。


 

最も暖房が欲しいのは、夜や朝方です。昼間の太陽で明日の朝を暖房するには蓄熱が大切。真冬、快晴であれば翌日分にまでおよぶ熱を蓄えます。
蓄熱するとはいえ、天気の悪い日が続くと蓄えがなくなり冷えてしまいます。こんなときには補助ボイラーの助けを借りて、蓄熱温度を確保します。
暖房に必要な熱が少ないときは、太陽熱でお湯をつくります。370gの温水が、夏ともなれば70度にも沸き上がり、ふんだんにお湯がつかえます。




 
COPYRIGHT (C) 2004 HOEI KENSETSU CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.